初心者の入門魚「グッピー」について

初心者の入門魚「グッピー」について

 

日本にも生息しています

 

グッピーメダカの仲間であるグッピーは、
熱帯魚の中でも1、2を争うレベルの知名度があります。
初めて熱帯魚を飼う方にとって
最も入りやすい品種と言われています。

 

そんなグッピーの生息地は
ブラジル北部やバルバドス、ギアナやトリニダードです。

 

日本で販売されているのは、シンガポールなどから輸入された外国産のグッピーか、
日本の九州や沖縄に生息している品種です。
意外なところでは静岡の温泉街で見かけたという情報もあるようです。

 

雑食性で強い繁殖力

 

グッピーの体長は3センチから5センチの間です。
飼育に適した水温は20度から26度であり、棲みやすい水質は中性から弱アルカリ性です。
しかも日本の水道水でも問題なく飼育ができてしまいます。

 

グッピーは雑食性であることから、好き嫌いなく何でも食べる魚です。
個人で飼育する場合には、乾燥フードでも特に問題はないようですが、
グッピー専用ブリーダーの場合には、イトミミズやアカムシ、
ブラインシュリンプといった生きたエサや、専門に作られたフードを与えているそうです。

 

繁殖に関しては、オスとメスのペアで水槽に入れておくことで、
放っておいても増えていくほどの繁殖力があります。
卵胎生のため、卵を産むのではなく、体内で孵化した後に稚魚の形で産みます。
ただし、繁殖の時期には、自身で産んだ子供を食べてしまうこともあります。

 

混泳に関しては、穏やかな性質ではあるものの、
品種ごとの相性もあるため、その点は注意が必要です。

 

尾びれの種類

 

グッピーは尾びれの違いによって、種類が分かれます。

 

  • 三角形の尾びれのタイプがデルタテール
  • 丸みをのある尾びれの先が膨張しているようなファンテール
  • 長く伸びた尻びれや腹びれが印象的なリボン
  • 腹びれや尻びれはもちろんのこと、他のヒレも長く伸びているのがスワロー
  • トップテールは尾びれのトップ(上側)が長く伸びていくのが特徴であり、泳ぎを得意としています。
  • その一方で尾びれの下側が長く伸びていくのがボトムテールです。
  • ダブルソードは尾びれの上と下の両方が長く伸びている品種です。
  • ピンテールは尾びれの後側の真ん中が長く伸びていく品種です。

    他の品種よりも小さいこともあり、泳ぎの早さがあります。

 

体色の種類

 

グレーは、グッピーの原種に近いことから、普通種と呼ばれる体色です。
目の黒さが特徴のゴールデンは、強めの黄色系の体色です。
黄色がかった色で黒のウロコで縁取っているのがタイガーで、
透明さのある黄色の体色特徴なのがアルビノです。
そして青が加えられたような黒色の体色を持つのがブラオです。


このページの先頭へ戻る