斑点状コケと藍藻(らんそう)

斑点状コケと藍藻(らんそう)

斑点状コケ

 

アクアリウムの水槽に発生するコケの一種に、斑点状コケがあります。
水槽のガラス面であったり、大きめの水草の葉に対して、斑点状に発生していくコケのことをいいます。
コケの色は緑色で、2ミリから3ミリ程度の大きさの
斑点があるのが特徴です。
別名で斑点状藻(はんてんじょうそう)とも呼ばれています。

 

斑点状コケは、光の量が多かったり、ライトを点灯させる時間が
長かったりすると発生することが多くなります。
水槽に直射日光が長い時間当たることでも発生しやすい傾向があります。

 

とはいえ、比較的良い環境の水槽の中にも出てくるので、
ある程度の発生はむしろ自然なことなのかもしれません。

 

斑点状ゴケの対処法

 

斑点状コケの対処法として、ライトの光の量を減少させたり、
点灯させる時間を短くすることが挙げられます。

照明の目安は10時間と言われていますが、8時間程度にしてみるのも良いかもしれません。

 

ただし、あまりにも光の量や少なかったり点灯時間が短くなってしまうと、
水草が枯れてしまうといったことにもなるため、ちょうど良い時間を見つけたいものです。

 

斑点状コケの取り方は、水槽のガラス面についたものは、スポンジやスクレイパー、
三角定規やクリーナーを使ってこすりながら落としていきます。
水草の葉についている場合には、柔らか目のスポンジを使って
拭き取るようなイメージで落としていきます。

 

斑点状コケの対処法には、定期的に水換えを行ったり、
水草用の肥料を少なめにするするやり方もあります。
そして斑点状コケを食べてくれる、オトシンクルスや石巻貝を水槽に入れるのも良いでしょう。

 

藍藻(らんそう)

 

藍藻(らんそう)は、水槽のガラス面であったり、
底床の砂利や水草を覆う形で発生するコケです。
悪臭があるのが特徴で、濃い目の緑色をしています。
中には黒に近い色のものも存在します。
藍藻(らんそう)が発生する原因として、水質バランスの乱れが考えられます。

 

藍藻の対処法

 

藍藻(らんそう)の取り方には、プロホースを使う方法があります。
スコップや網ですくおうとすると、バラけてしまって結局取りきれなくなることから、
プロホースで吸い出していくのが効果的です。

 

藍藻(らんそう)は、水の流れの良くない場所や、
濾過バクテリアの繁殖が今ひとつな場所に発生する傾向があるため、
水槽内の水の流れを改善していくことで抑制できます。
エアレーションを使うのも良いかもしれません。

 

藍藻(らんそう)に限りませんが、水換えを定期的に行うことが、防ぐためのコツです。
藍藻(らんそう)を食べるブラックモーリーを水槽に入れるのも良いでしょう。


このページの先頭へ戻る