コケを食べるエビや貝をご紹介!

コケを食べるエビや貝をご紹介!

ミナミヌマエビ

ミナミヌマエビも、ヤマトヌマエビと同様に、
コケや熱帯魚が食べきれなくて残ったエサを食べてくれることから、
水槽内に必ずいてほしいエビです。
ミナミヌマエビのオスの体長は2センチほど、メスの体長は3センチほどです。
そのため、ヤマトヌマエビほどコケを食べる訳ではないので、
ヤマトヌマエビを多めに入れることで、コケ対策が万全となるのです。

 

ミナミヌマエビの飼育に適している水温は、ヤマトヌマエビと同じ15度から25度前後です。
水質に関してもヤマトヌマエビと同じく弱酸性から弱アルカリ性となっています。

 

子どものミナミヌマエビは親よりももっと小さいことから、
熱帯魚に捕まって食べられてしまうこともあります。
場合によっては濾過装置に吸い込まれてしまうこともあるため、
吸込口にはスポンジなどを付けておくことが大切です。

 

ミナミヌマエビは高い水温に弱いため、特に真夏は注意しましょう。
酸素が足りなくなることにも弱さがあるので、エアレーションを行いましょう。

 

石巻貝

 

石巻貝石巻貝も水槽内に発生した
藻類や糸状やヒゲ状のコケを食べてくれます。
水槽のガラスや石や流木にできたコケを食べるので、
清掃のお手伝いを自然と行ってくれる
生き物として重宝されています。

 

石巻貝の飼育に適している水温は10度から28度の間であり、
棲みやすい水質は弱酸性から弱アルカリ性です。
体長は大きなもので2センチ程度であり、もしひっくり返ってしまうと自分で起き上がれないため、
そのまま死んでしまうことから、見つけたら必ず戻しておきたいところです。
石巻貝は本来は汽水に棲んでいるため、淡水では繁殖できないようになっています。

 

レッドラムズホーン

赤い色が印象的なレッドラムズホーンは、
水槽内に発生した珪藻や斑点状のコケを食べることで、浄化に役立ちます。
コケの他にも食べ残した熱帯魚のエサも食べてくれますし、熱帯魚の死骸も食べてしまいます。

 

とはいえ、生きている熱帯魚を食べるようなことはありません。

 

レッドラムズホーンの飼育に適している水温は石巻貝と同じ10度から28度です。
棲みやすい水質も石垣貝と同様の弱酸性から弱アルカリ性です。
体長は2センチから3センチほどのため、残念ながら狭い場所へ入ることはできません。
そして体重の関係で水草に登れないため、水草に生えたコケは食べられません。

 

レッドラムズホーンは雌雄同体であることから、
オス・メスの区別を気にすることなく、2匹いることで容易に繁殖します。
水質が弱アルカリ性に近づくことで、より一層の繁殖を繰り返していきます。


このページの先頭へ戻る