アクアリウムの人気デザインレイアウト例!

アクアリウムの人気デザインレイアウト例!

 

アクアリウムレイアウト今は、デザイン性や癒しを求めて、
また個性溢れる空間にする為に
水槽を設置する方も増えていることから、
水槽をデザインするアクアデザイナーという専門家
水槽内をデザイン、レイアウトしてもらう事が多いのです。

 

このアクアデザイナーにだいたいのイメージを伝えれば、
その場所やスペースの雰囲気にあったデザインを彼らが作ってくれます。
もちろんすでに存在する定型のデザインもありますが、
独自にオーダーメイドしたものは、個性的で見所が満載です。

 

せっかく専門業者に頼むのですから、こうした独自のレイアウトをお願いしてみてはいかがでしょうか。

 

淡水魚なら、水草を多くし、光る魚や体内が透ける魚などをレイアウトして、幻想的で時にキュートな雰囲気に。
一つの絵になるようなかなり芸術的な作品もあるし、魚が水草の陰やトンネル状になっているところで休息できるなど、機能性も重視してデザインしてもらうこともできます。

 

淡水魚は、緑と白を基調とした自然な雰囲気に、
また海水魚はブルーを基調としたトロピカルレイアウトが一般的です。

 

海水魚なら珊瑚などを多く利用して、彩り豊かに仕上げられます。
ユーモラスな形状をした海水魚を入れたり、
いつでも人気者のカクレクマノミとイソギンチャクを入れることもできます。
全体の雰囲気やイメージを伝えれば、周囲の様子やスペースに合わせて、
ぴったりのデザインを作り出してくれます。

 

アクアリウムのレンタル会社は企業や医療施設、個人宅、店舗、大型商業施設、その他様々な用途に、
特注巨大水槽、壁埋め込みタイプや円柱型水槽などで対応します。
色とりどりの水草、珊瑚、レイアウト用の道具を使って独自の癒し、幻想的空間も確保できることでしょう。

 

水槽のデザインだけではなく、その後の問題、コケや照明の問題などもケースバイケースで対応、
トリミングなどをしっかりして、水槽の表面はいつもクリアでキレイにしてくれます。
水質の悪化はすぐに魚の健康を損なう結果になるので、海水魚の場合はとくに管理が難しいですが、
それもお任せできるアクアリウム専門業者は頼もしいですね。

 

レイアウトというと、専門用語で黄金比、白銀比というのがあって、
黄金比は水槽のレイアウトで最もきれいにみえる縦横比のことで、1:1.61くらいで、
白銀比というと1:1.41くらいです。
もし専門家がレイアウト、デザインを担当した水槽があるのなら、この比率になっているかどうか、
それとももっと自由度の高いデザインになっているのかどうか、最終チェックしても楽しいでしょう。

 

流行を取り入れたデザイン、前衛的で斬新なもの、色々ありますが、
求めている効果や場所によって適切なレイアウトは違います。
その部分を最初にしっかり伝えて、的外れな物にならないように気をつけてもらいましょう。


このページの先頭へ戻る