生物ろ過について

生物ろ過について

水槽メンテナンスをする上で水換えは重要ですが、
水換えだけでは水槽の状態を維持することは非常に困難です。
そこで重要なものが、生物ろ過です。

 

 

ろ過にも主に3種類があります。

ウールマットで大きな汚れを取る、物理ろ過

活性炭などの吸着材でろ過する、化学ろ過

バクテリアによってろ過する、生物ろ過

今回は生物ろ過を紹介します。

 

 

生物ろかとは

酸素の必要な好気性バクテリアが生物ろ過を促進し、
物理ろ過では取りきれないアンモニアなどを分解してくれます。

 

働き

魚のフン・エサの食べ残しなどから、魚にとって有害なアンモニアが出ます。
そのアンモニア亜硝酸へ亜硝酸をより毒素が少ない硝酸塩に変えます。

 

設置して間もない水槽は好気性バクテリアが少ない為、水槽内にアンモニアが溜まりやすい状態です。
その結果、魚を入れてもアンモニアによって魚が死んでしまいます。
魚を上手く飼育するには、バクテリアを上手く繁殖させることが必要です。

 

バクテリアの繁殖方法

あらかじめバクテリアを導入する事が、バクテリアを繁殖させるには早い方法です。
バクテリアの入った薬や、状態のよい水槽からろ材を移設することにより、バクテリアが湧きやすくなります。
バクテリアはろ材や砂など、表面積の多い物があると繁殖しやすいです。
さらに、水流が淀むことなく循環しており、酸素が供給がされている水槽だとより良いです。
バクテリアは生きている為、水温も25℃程度とお魚と同じ水温が望ましいです。

 

テストフィッシュ

上記で紹介した他に、テストフィッシュを入れる方法もあります。
バクテリアの餌となる栄養源(魚のフン)を与え、バクテリアを繁殖させるのです。

 

 

 

自然界では当たり前のように成り立っている環境を、水槽内で再現することは難しいかもしれません。
しかし、アクアリウムを楽しむ為には、知っておく必要があります。
難しいと感じる方はプロに相談するといいでしょう。

 

 


このページの先頭へ戻る